屋根工事 外壁塗装 施工事例 会社案内

コロニアルNEO 屋根重ね葺き工事 現地下見

こんにちは。

黒沢です。

沼津市でこれから屋根重ね葺き工事が始まる現場に来ています。

本日は職人さんと現地での打ち合わせと下見です。

既存の屋根材はコロニアルNEOです。コロニアルNEOはアスベストが禁止された直後に昔のクボタから発売されたノンアスベストのスレート屋根です。

コロニアルNEOは築後10〜15年を過ぎる頃にひび割れや欠け、反り、剥がれなどの不具合が目立ち始めることがあります。

台風や強風後に庭先に屋根の片がたくさん落ちていることで、初めて自宅の屋根に問題があることを知る人が多いです。

職人さんと今の状況の確認や搬入経路、工事日などの打ち合わせをしました。

この記事を書いた人

スルガ住研 スルガ住研 代表 馬木 拓也

当店は、三島のこの地で、創業15年以上、屋根と外壁のリフォームをご提供しておりますが、『お客様に、正しいリフォームをご提案する』という信念のもと、お客様のお住まいが⾧く、快適に住まえるよう、正しいリフォームをご提案しております。屋根や外壁の修理、リフォームをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。
お客様目線で、丁寧にご説明させていただきます。

目次