屋根工事 外壁塗装 施工事例 会社案内

屋根重ね葺き工事②

こんにちは。

黒沢です。

前回の続きで田方郡函南町の屋根重ね葺き工事の現場です。

まずは既存の棟包板金の撤去と木下地の撤去です。

撤去が終わりましたらルーフィング(防水シート)を既存の屋根の上に貼っていきます。

次に屋根材を張っていきます。今回は新東さんの天然石とガルバリウム鋼板でできたセネターを選ばれました。色はティーク(ブラウン)です。

セネターは軽量なので建物の負荷が少なく耐震性・免震性・制震性に優れ、屋根全体をしっかり固定するので耐風圧性にも優れ、色褪せもなく塗り替え不要のメンテナンスフリーの屋根材です。

次回に続きます。

この記事を書いた人

スルガ住研 スルガ住研 代表 馬木 拓也

当店は、三島のこの地で、創業15年以上、屋根と外壁のリフォームをご提供しておりますが、『お客様に、正しいリフォームをご提案する』という信念のもと、お客様のお住まいが⾧く、快適に住まえるよう、正しいリフォームをご提案しております。屋根や外壁の修理、リフォームをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。
お客様目線で、丁寧にご説明させていただきます。

目次