屋根工事 外壁塗装 施工事例 会社案内

屋根重ね葺き工事

こんにちは!馬木です。

沼津市で屋根重ね葺き工事を施工中です。
お施主様から棟板金が飛んだと相談があり、現地調査をしたところ、パミールでした。パミールはニチハが1996年~2008年まで製造していた屋根葺材です。層間剥離や釘の腐食など多くの不具合を見てきました。今回もスレート屋根が複数枚か割れていて所々にひび割れもありましたので重ね葺きをご提案させていただいていた現場です。

数年前に他社様で塗装を施工したようですが、層間剥離が発生して屋根材の素地が露出して先端がボロボロになっています。

既存の屋根の上にルーフィング(防水シート)を張り今回は福泉工業の屋根材シルキーG2を重ね葺きしました。
この商品は裏張りにウレタンフォームの断熱材が付いています。表面はガルバリウム鋼板の上に遮熱塗装で仕上げています
明日には完成予定です。

この記事を書いた人

スルガ住研 スルガ住研 代表 馬木 拓也

当店は、三島のこの地で、創業15年以上、屋根と外壁のリフォームをご提供しておりますが、『お客様に、正しいリフォームをご提案する』という信念のもと、お客様のお住まいが⾧く、快適に住まえるよう、正しいリフォームをご提案しております。屋根や外壁の修理、リフォームをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。
お客様目線で、丁寧にご説明させていただきます。

目次