屋根工事 外壁塗装 施工事例 会社案内

軒天工事

こんにちは。

黒沢です。

沼津市の外壁塗装工事の現場で軒天工事が始まりました。

いよいよ最後の工事です。

まずは大工さんと工事範囲や収まりなどの打ち合わせをしながら採寸していきました。

今回は既存の軒天材の上から新しい軒天材を重ねて仕上げる重ね張り(カバー工法)で行います。

カバー工法の方が、解体処分費がなくなるのでコストを抑えることができます。ですが、カバー工法のデメリットは、部分的なカバーが行えない点です。カバーするとベニヤの厚みが出るので、他の箇所と段差となってしまい美観を損なうためです。

軒天用の化粧ベニヤをカットしてボンドを塗って釘を打って張っていきます。

最後に押さえ縁を打って完成です

この記事を書いた人

スルガ住研 スルガ住研 代表 馬木 拓也

当店は、三島のこの地で、創業15年以上、屋根と外壁のリフォームをご提供しておりますが、『お客様に、正しいリフォームをご提案する』という信念のもと、お客様のお住まいが⾧く、快適に住まえるよう、正しいリフォームをご提案しております。屋根や外壁の修理、リフォームをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。
お客様目線で、丁寧にご説明させていただきます。

目次
閉じる