外壁塗装 屋根工事 施工事例 会社案内

オートンイクシード

目次

屋根・外壁材、塗料だけにこだわっていませんか?

劣化したシーリング

お住まいの外装工事では、材質や塗料に目が行きがちですが、シーリング工事もおろそかにはできません。
シーリング(コーキング)は、外壁材同士の継ぎ目や外壁材とサッシとの境目などに埋められている柔軟性のある接着剤で、部材の隙間を塞ぎ、雨水や害虫の侵入を防ぐために重要な役割を果たします。
外壁塗装は15年耐久の塗料を使い、屋根はガルバリウムに張り替えて30年耐久になったとしても、シーリングが10年耐久では、本末転倒です。当店では、塗料、屋根材だけではなく、シーリング材にもこだわってご提案しております!

驚きの30年耐久「オートンイクシード」

オート化学工業のオートンイクシードは、メーカーが「超寿命シーリング材」をうたう高耐久・高耐候シーリング材です。
通常のシーリング材は10年前後で硬質化し、温度変化や地震などの揺れによる伸縮に追従することができなくなってしまいますが、オートンイクシードは長期間柔軟性を保ち、紫外線や雨にも強い優れものです。
通常のシーリング材よりも価格は多少高めですが、長期間お住まいを守ってくれる価値に代えられるものはないと考えています。

厳しい環境をクリアする『技術』超-長期耐久性とは

耐久性・耐候性の限界に挑む。新規開発『LSポリマー』の実力 新開発『LSポリマー』の誕生により、経年で流出する可塑剤を配合せずに優れた柔軟性を実現。経年による硬質化を防ぎ「柔らかさを長時間維持」

性能のまとめ『性能マトリックス』

「耐久性」と「耐候性」が高い位置で両立していることがマトリックスから一目瞭然です。

注目の技術『汚れ防止機能』搭載!

オートンイクシードは新技術の汚れ防止成分『CRオリゴマー』配合により、シーリング材にありがちな硬化初期のベタツキを軽減し、シーリング材への汚れの付着を大幅に抑えることに成功しました。
大切なお住まいの外装材の一部として、美観にもしっかりこだわります。

目次
閉じる